サルでもわかる!会計ソフトからの決算書の見方解説

決算書はこう見てみる

会計ソフトを使えば損益計算書・貸借対照表に加えてキャッシュフロー計算書の分析はできますし、マイナンバーの記載にも対応しています。
会計ソフトを使えばグラフィカルユーザーインターエフィスに表示されるナビゲーターの画面を使うことで、上記決算書の作成から編集まで行えます。また、振替伝票や仕訳日記帳も作成することができます。
財務諸表を数字の羅列のみでなくグラフィカルに表示することができるので、視覚的に現在自分の会社が儲かっているのか、また幾ら負債を抱えているのかを理解できます。また、見てわかるだけでなく表計算ソフトに決算書のデータををエクスポートすることもできます。それをすることで数字を編集しやすくなることがあります。

会計用のソフトを使ってみる

会計ソフトを活用することで、会社全体の利益率はもちろんのこと社員の労働生産性もチェックできます。人件費が割高になっているのかどうかなども適切に評価することができます。
また、広告費を使っているにもかかわらずそれがあまり売り上げにも利益にも寄与していないことがあります。売り上げに対する収益率もソフトを使えば視覚的に理解できるようになります。
黒字倒産にならないためにも、売り掛け金がどの程度になっているのかも確認することが重要です。キャッシュが手元に一定以上残っているのが経営をするうえで健全ですが、現金の残高が減り過ぎていないかも会計ソフトを使うことでモニタリングすることが可能になります。ライバル企業と比べて事業全体が効率よく運営されているかも数字やグラフでチェックできます。

© Copyright New Software. All Rights Reserved.