会計ソフトのメリットデメリットを考える

会計ソフトを利用するデメリットはあるのか

会計ソフトを使うデメリットは、パソコンの電源が入っていなければデータや中身を確認できないことでしょう。万が一、パソコンが突然故障したことを考えると不安になる方もいるかもしれません。紙の書類に手書きで伝票を起こし、帳簿をつけているのであれば、ファイルに綴じておいて閲覧することができます。
パソコンに精通していない方が、会計ソフトを使うのも大変な場合があります。表計算ソフトを日常的に利用している方であれば、問題なく利用できると思われます。しかし、インターネットやメールを利用する程度の習熟度の方であれば、操作に戸惑ってしまうことがあるかもしれません。
ただし、手書きで記入するには非常に手間がかかり、伝票から帳簿への転記間違いや、電卓を使って金額を算出するのに計算間違いをする可能性も高くなります。また、書類の保管をするのも場所を取ってしまうこともありますし、独立をしたばかりの経理事務をしたことのない自営業者や家族が、簿記の仕組みを覚えて本業と経理を両立させるのは非常に大変なことも予想できるでしょう。

デメリットが改良された会計ソフト

従来の会計ソフトは操作をしにくいソフトが多く、パソコンを扱い慣れない方には評判が良くありませんでした。しかし、近年では、パソコンを余り使っていない方や経理事務の初心者にも利用しやすいように、様々な工夫が加えられています。
クラウドサービスの会計ソフトが開発され、IDやパスワードを設定すればログインして利用できるようになりました。データもオンライン上に保管可能ですし、SDカード等や外付けハードディスクに保管が可能になっています。ブラウザやアプリから接続可能なので、パソコンやスマートフォン、タブレットが使えます。自分が慣れている通信機器を使って帳簿記入ができるので、非常に便利です。
経理に慣れていない方については、相手先が現金や預金の場合は、お小遣い帳や家計簿と同じような形状の出納帳形式で入力することも可能です。入出金があった場合は、リスト表示から当てはまる勘定科目を選ぶだけで、月々の仕訳入力が行えます。会計ソフトに対応するインターネットバンキングやクレジットカード、電子マネーを使っている場合は、データをネット経由で経理データとして転用できるので、面倒な入力の手間が省けるでしょう。

© Copyright New Software. All Rights Reserved.